58 years old

58歳誕生日

独身女性の心

年金までの3年間を綴りたいです。

不思議な夢を見た

以前夢で亡き姉とマンションを買う夢を見たのだけれどそのマンションが夢の中に出てきた。
そこで今度は亡き父とそのマンションに住んでいた。
私たちはかなり上の階に住んでいたが、父の顔なじみの5階の住人の大学の先生が「マンションでも花見をやろうじゃないか」と呼びかけて5階のフロアーで花見をやる夢なんです。
中心はその先生の部屋なんですが桜の花満開で全てが桜づくし、夢なら覚めないで状態。
(笑)


その中でタキシード姿の父が酒に酔っ払って、私も何故か着物姿でお洒落していた。
(笑)
こないだブログに書いたことがダブルのかしら?


夢の中の他の方々も花見パーティで盛り上がっていました。私の知り合いは父ぐらいしかいなかった。
いきなり画面が変わり父の部屋に入ると父は寝ていた。
仏間がありワイングラスが置いてある。


そこで私は去年の桜の花見楽しかったなと夢の中の昨日のことが一年前の出来事になっていた。


大きな向かいの部屋ではなにやら学生たちが柔軟体操をしている。


桜ともつかない花の香が充満していてなんとも不思議な夢でした。


見終えた後ぱっと目が覚めてここに書き留めておきたかったので書いた次第です。


最近夢を全然見なかったのでとても鮮明な綺麗な夢なので我ながら驚いた。


夢の中が極楽でそこで父が楽しんでたならそれも良しと思える夢でしたね。


おわり



今日は次男の誕生日

18年前の午後1時過ぎに次男は生まれた。


私が妊娠中毒を起こして病院に駆け込んだ日。


運がよいことに一つの手術がキャンセルになっていて私の主治医のメンバーが全て揃っていた。


私はどんどんむくんで顔が変形していってた。


「今日の午後手術をしましょう」と先生が言った。


「今日じゃなきゃ駄目なんですか」と私


「鏡で顔を観てみてください。◯◯さん。顔が変形してますよ」と看護師さん。


診察室にある鏡で顔を確認したらむくみ始めている。家を出てきて間もないのに顔がマジムクミでゆがんでるのだ。


「なんとか子供の内蔵が1週間前に全て出来ているから急ぎましょう」


そのまま家に電話をかけ緊急用の荷物を運んでもらった。


元旦那は「俺会社休むのかよ」とブツブツ。


「帝王切開は外科手術なんだから立ち会いがいるんだよ」と私。
出産3回目なのにまだ文句を言う。


夫は無責任な男で子供なんか要らないとよく言っていた。
しかし避妊には協力的ではなかった。
次男は旦那のエゴで生まれた子供です。
19年前のある日次男の妊娠を知らせるとその日は「少し考えさせてよ」と言ったが、
翌日の朝
クスリと笑って「下ろせば」と布団の中でくるりと背を向けてまたご就寝。
長男を身ごもった時も「子供かよ!まだ要らなかった」
会社を辞めて独立すると言い出しフリーター。
私はその時も妊娠6ヶ月に切迫流産を起こしかけるまで働いてた。


長男が生まれたら「男かよ。年取ったら面倒見てもらえないじゃん」(下の世話)


その5年後長女が生まれたら「女なら仕方がない」


長女の時は父が立ち会って生まれた。仕事で忙しいそうだ。


長女が妊娠しなければ父親が「あの男とは離婚しろ」と何度も言ってた。おまけに家のお金を持ち出すわでとんでもない旦那だった。
学歴だけはあるんだけどね。
でも父もあなたが原因でまともな男性はあなたを見ると全て去っていったよ。
今風に言えば「毒親」
元旦那は婿養子なので私も随分気を使った。


次男が生まれた時手術が始まる最初には居たようだが途中競馬新聞を買いに出かけたり昼飯まで食べに出かけたのでお医者さんは呆れ顔でした。
「あの医者なんだよ。俺が飯食いに行ってどこが悪いんだよ」
呆れた感性の持ち主です。
次男の出産で私の中に離婚という文字が渦巻いた。
術後私は集中治療室に移動、次男は保育器に入れられた。
「助かったよ◯◯さん。もう少し遅ければ羊水が濁りだして脳性麻痺になってたかもしれないよ」
「先生ありがとうございます」
ベッドで涙が出た。助かったと。


8ヶ月ギリギリで出産
1400グラムで生まれた。
小さくてね。でも生まれたからお父さんは必要だと。


しかし退院後の彼のセリフで私は常々考えてた離婚を実行に移そうと思った。


「俺さもう自由にしたいしオムツもミネラルウォーターも粉ミルクも買いに行くの面倒だしお互いに自由にしない?」


はい自由になってください。私はもうすでに呆れていた。
ただ世間体だけで一緒に居たようなものだ。
心のなかで思った。
でも次男が生まれたことは後悔していないしむしろ3人の母になれて良かったと思っています。子供達3人が仲良くしてると良かったなと思える。
おめでとう次男。今日はチョコレートケーキを買いに雨の中でも行くよ。


おわり





浴衣がほしい

もうすぐ夏。


随分前から浴衣を着ていない。


多分子供が生まれてからは浴衣なんてお洒落する時間がないのでスルーしてきたんだと思う。
去年浴衣を買おうと思った。
近所のたんす屋さんで良いのがないか探していたらこれといって趣味ではないが悪くない感じのものがあった。丁度持ち合わせがなくて一度家に帰って考えることにした。


しかし私と付き合って花火大会に行ってくれる子供がいない。


「浴衣が着たいので花火大会付き合ってよ」と言えば


「お母さん一人で行けば」


「彼氏と行くから」


私「・・・・・・」


一人で浴衣を着てもねシラケるだけじゃないの。薄情だなぁ(笑)


そう、だから友人を花火大会に誘った。


または夏の神社などの縁日でも友人と散策したらと思う。


中年のおばさんが二人浴衣で縁日で遊ぶ粋だと思うんだけど。


変かしら?(笑)
お洒落するのもTPOがあるので中々大変です。


あははは~
おしまい